ミルキー千歳飴

人間は二つのタイプに別れる。ハエがとまる人ととまらない人に、といったのはななゑさんって人だった。私は前者だ。飴をカリカリかじっちゃう人としつこく舐める人もいて、これは後者。つららが凶器になると書いたのは、ミルキー千歳飴がまさにそうだから。優しく舐めるほどに猛々しく尖る。

いやもう、本当にこれは人を殺せますよ。殺ったことは無いけど…。で、バレるね。つららみたいには溶けないし。飴が刺さってる死体って間抜けだし。どうすんの尊厳とか。だから、舐めるんだろうな。死体をペロペロ舐める殺人者…。いや、そうなったら抜いて、仕方ないからカリカリかじるか。

なんの話か。かじるのはサクマのいちごみるくだけと誓ってたのに。その後食べちゃう。

<追記>テストで、これから飽きるまで最後に「その後食べちゃう。」とつけることにしました。